「黒ずみヒザ」と「くすみヒジ」のケア

2019-05-27 17:56:00

  これから暑い季節がやってきますね!

服装は半袖やノースリーブで肘は常に視線に晒され、ショートパンツやスカートなどで膝が見え隠れする機会が多くなってきます。

自分の肘や膝を見せる準備はできていますか?

いざという時に慌てないように今のうちにケアをしておきましょう。


ヒザとヒジの黒ずみはなぜできるの?


膝と肘は古くなった角質が溜まって厚みを増すことや、色素沈着によって黒ずみが現れます。

普段の生活の何気ないしぐさが黒ずみの原因となっているのです。


【ヒザの黒ずみの原因】

一番多いのは摩擦で、日々の生活で膝をつく回数は以外と多いです。

とくに小さいお子さんがいる家庭では、子供目線で話したり遊んだりするのでとくに膝をつく回数は増えます。

外からの摩擦が増えると、膝の皮膚を守ろうとして角質を増やして厚みを増します。

また、メラニン色素も同じく肌を守るために発生してしまうので黒ずみの原因になります。


【ヒジの黒ずみの原因】

膝の黒ずみの原因も摩擦です。

膝は食事をしているときや考え事をしているときに、うっかり肘をついていることはありませんか?

仕事でパソコンでの作業が多い方も常に座っているので、ふとした休憩に肘をつく回数は多いはずです。

また、洋服の擦れによる摩擦が意外と多いので、来着ている肌着や服も肌に優しい素材かどうかによって変わってきます。

この摩擦によって同じように角質が増えたり、メラニン色素によって黒ずみの原因となります。


次に多いのが日焼けです。

これはヒザにもヒジにも言えることですが、紫外線が強い日の日焼けによるメラニン色素の発生が黒ずみとなってしまいます。


黒ずみを防ぐには?


普段の生活から見直す箇所があります。

それはお風呂です。

膝や肘は乾燥しやすく実は刺激に弱い箇所になります。

角質で厚みを増していると刺激に弱そうに見えませんが、入浴時のスポンジでゴシゴシする洗い方は摩擦が多くなり黒ずみの原因になっています。

デリケートな部分だと実感しながら優しく洗ってあげましょう。


日焼けにメラニン色素の発生も原因になっていることから、紫外線対策は必須です。

日焼け止めクリームはもちろんのこと、UVアイテムでしっかりと守ってください。

肘は日焼け止めクリームが塗り忘れていることが以外と多いです。

膝は普段からショートパンツやミニスカートを履いている方は日に焼けやすく、自転車を使う方も紫外線の影響が大きいです。

日焼け止めをしっかりと塗って、普段は膝が隠れる丈のボトムスで紫外線からガードすることも大切です。


重曹でセルフケア


もう黒ずんでしまった膝や肘をどうにかしたい!

そんなときは重曹で角質オフクリームを作ることができます。

市販で売っているピーリングクリームなども良いですが、思いついたときに自宅にあるもので簡単に作れます。


【重曹クリーム】

食用の重曹、水、化粧水、保湿クリームを用意します。

食用の重曹の大さじ1に水を小さじ1を加えて混ぜます。

ペースト状のクリームができたら肘や膝の黒ずみ箇所に塗ります。

くるくると優しくマッサージをしながら重曹クリームを塗ったら、しっかりと洗い流します。

タオルで水気を取ったら化粧水と保湿クリームで優しく保湿します。


月に1回~2回の重曹クリームケアで黒ずみ箇所のターンオーバーが促されます。

定期的に繰り返すと黒ずみは消えていきますよ。

毎日使うものでなければ自宅で重曹クリームを作った方がコスパが良いかもしれませんね。


これから露出が増える時期になります。

膝や肘は自分からは見えにくくても、周囲からは意外と見られています。

黒ずみが有る女性と無い女性では清潔感や見た目年齢も全然違って見えてきますね。

夏本番が来る前にしっかりとお手入れをして美脚と美腕を手に入れましょう!