脱毛クリームとは

2019-05-25 11:26:00

  脱毛クリームとは、お肌に塗るだけで、ムダ毛を除去できるクリームです。


除毛クリームとも呼ばれていますね。


なんせ塗るだけですから、とても手軽です。


「脱毛したいけど、レーザーやフラッシュは少し怖い…」

「クリニックやサロンに長く通うのは面倒…」


このような人には、特におすすめのアイテムですよ。


ここでは、

・脱毛クリームでムダ毛を除去できる仕組み

・脱毛クリームをうまく使うコツ

についてお話しします。


ムダ毛を分解して除去


脱毛クリームを塗ると、どうしてムダ毛が除去されるのでしょうか?

これは、脱毛クリームがアルカリ成分で作られているからです。


ムダ毛は、主にたんぱく質で作られています。

そして、アルカリ成分にはたんぱく質を分解する力があります。


そのため脱毛クリームを塗ると、


アルカリ成分がムダ毛に浸透

ムダ毛が分解されて、ボロボロに崩れる

シャワーなどで洗い流すと、お肌がツルツルに!


というステップで脱毛できるわけです。


しかも脱毛クリームは、まだ伸びてきていないムダ毛にも効果的です。

アルカリ成分が、お肌の下に隠れているムダ毛にも、ある程度は浸透するからです。

つまり、深い部分からムダ毛を除去できるわけですね。


そのため脱毛クリームの効果は、長続きします。

毛質や部位にもよりますが、


・ワキなどの太いムダ毛 → 約3日

・手足のやや太いムダ毛 → 約5日

・細く薄いムダ毛 → 7日以上


このくらいは効果が続くことが多いようです。


脱毛クリームの使い方


脱毛クリームの効果は、使い方で大幅に違ってきますよ。

しっかりと脱毛するためには、正しく効果的に使ってくださいね。


コツは、この3つです。


①長いムダ毛は剃っておく


短くしておいた方が、根元までしっかり塗れますよ。


②まんべんなく塗る


ムラや塗り残しがないよう、丁寧に塗ってくださいね。

ヘラが付属している脱毛クリームだと、塗りやすいですよ。


③塗ったら5~10分ほど待つ


すぐに洗い流すのはNG。

アルカリ成分をしっかり浸透させるために、必ず待機してくださいね。


待機が終わったら、シャワーなどで洗い流します。

アルカリ成分をお肌に残さないように、丁寧に洗ってくださいね。

ぬるま湯を使うと、洗いやすいですよ。


洗った後は優しくタオルドライをして、保湿ケアをして完了です。


より効果的にする裏技


正しく脱毛クリームを使っても、


「ムダ毛がなかなかなくならない…」

「なくなったけど、すぐに生えてきてしまう」


という人も、中にはいらっしゃるかもしれませんね。


ムダ毛の太さや生命力によっては、簡単にはツルスベにできないこともあります。

そのような場合は、この裏技を試してみてください。


①塗った後、ラップでお肌を包む


脱毛クリームが、ムダ毛の根元にしみ込みやすくなります。

太いムダ毛でも崩れますし、深い部分に浸透するので、効果の持続期間が長くなりますよ。


②洗い流した後、抑毛ローションを塗る


抑毛成分によって、ムダ毛が成長しにくくなります。

保湿成分も入っているため、仕上げの保湿ケアにもなり、一石二鳥!


ただし、①の裏技では注意が必要です。


脱毛クリームのアルカリ成分はムダ毛を分解しますが、実はお肌も多少分解してしまうのです。

お肌はムダ毛よりも頑丈ですが、それでもアルカリ成分に負けて荒れてしまうことがあります。


そのためラップを使う時は、

・あまり強く塗り込まない

・ヒリヒリとしてきたら、すぐに洗い流す

この2点に気をつけてくださいね。


まとめ


脱毛クリームは、ムダ毛を分解するアルカリ成分で作られています。

塗ると、手軽にムダ毛を除去できますし、効果は3~7日ほど持続します。


ただし、正しく使うことが大事ですよ。

・ムダ毛を剃ってから使う

・ムラなく塗る

・数分ほど待機してから洗い流す


ラップや抑毛ローションと一緒に使うと、さらに効果アップ!

お肌が荒れることもあるので、肌質と相談しながら使ってくださいね。